ブロワ

今日はお魚ではなく、システムの一部をご紹介いたします。
ブロワといって、超大型のエアポンプの役割を果たしてくれます。水槽が多くなると、一つ一つの水槽にそれぞれフィルターを設置するのが大変になってきます。一台ずつエアポンプを使ってスポンジフィルターを動かすこともできますが、すさまじくうるさいのを我慢しなければなりません。外部フィルターを一台ずつ取り付ければ濾過は最高でしょうが、コストが恐ろしくかかります。いずれの場合も、コンセントが大量に必要になり、配線がかなり見苦しくなってしまいます。それで、このブロワを使って一台で全部の水槽に空気を送ることができるようにしています。

我が家のブロワは35リットル/分のエアを出してくれます。現在M水槽8本、45センチ2本を動かしていますが、余裕です。20本は軽くカバーできると思います。そのうち60センチも2本ほどこれで動かそうと思っています。エアの吐き出し口は13ミリなので、水道の配管に使われる塩ビのパイプを買ってきて、配管しています。エアの流量を均一にするため、一筆書きの要領で配管をすると良いということを教えていただきましたが、教えていただいた時点で配管を終えていたので、できませんでした。今度配管を組み替える時にはそうするつもりです。塩ビのパイプに穴を開け、一方コックを取り付けてエアチューブをつければ各水槽に空気が供給され、スポンジフィルターが稼動するという仕組みです。

ちなみに、使うコックの数よりも多くのコックを設置しておき、少なくとも一つはフリーで開放してあげると良いそうです。ブロワに負担をかけなくてすみ、寿命が延びます。私は5個くらい予備のコックを付けています。ブラインを沸かす時や、プラケにエアレーションしたい時、そのコックを使って簡単にエアを供給できるためです。さらに詳しく知りたいと思われる方は、コメントをいただければ、私の分かる範囲でお答えしますね♪快適でメンテも楽ですよ。
d0054290_22375625.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-20 22:39 | その他

<< メンデ浮上♪ 白化個体?オレンジ個体? >>

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE