2005年 06月 08日 ( 1 )

 

トリファスキアータの稚魚

先日、混泳の水草水槽から救助し、プラケで飼育中のAP.トリファスキアータの稚魚です。20前後います。本来は母親の世話を受けながら生育するのが理想的なのですが、混泳水槽にはカラシンもたくさんいるため、放置しておけば確実に捕食されてしまうので、やむなく救助しました。稚魚の救助ですが、一見、網の方が良いのではないかと思うかもしれませんが、エアポンプで使用するエアホースを使うのが一番手っ取り早く、確実です。この方法で、ほぼ100%の稚魚を救助できました。プラケに入れてからの注意点としては、ブラインの給餌をごく少量、こまめにしてやり、水の悪化に注意してあげることです。私の場合、プラケでは止水で飼育していますので、毎日少しずつ水を換えてあげるようにしています。稚魚は水質の変化には弱いので、毎日、少量が良いのではないかという考えのもとにそうしています。良い方法があれば、ぜひ教えていただければ嬉しいです。
d0054290_22534928.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-08 22:53 | アピスト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE