2005年 11月 23日 ( 1 )

 

NA作成過程-その2

NA作成の方法、その2です。

先回は底床のセットまででしたが、今日は石組みです。

石組みのレイアウトは、構図がすべてを決するといっても過言ではないとの

ことです。したがって、この段階が一番難しく、一番大切な作業です。

残念ながら、センスに恵まれていないので、良い構図を思いついたとは言えないの

ですが、私なりにいろいろ試しながら自分の中で一番しっくりいく構図にしました。

d0054290_19154135.jpg


60センチ規格水槽の場合、多くのカタログや作成例で示されているように

1群の石組みにすることが多いようです。理由は、2群にすると窮屈になり、

比較的小さい水槽では遠近感が出しにくく、表面的なレイアウトになるようです。

したがって、1群にして、石をひとまとまりにし、その他の空間で広がりを出す

ことが多いそうです。私の手持ちの石でそうしようと試みたのですが、

どうも上手くいかなかったので、2群にしました。

その代わり、遠近感を出すために右手前を盛土で高くし、石の向こうの空間を意識

させるようなレイアウトにしました。左側は奥を高くし、起伏をつけることで、

自然感を出すと共に流れをつけることを意図しました。フラッシュでないと

明るさが足りなかったので、反射してしまっていますがご容赦ください。

d0054290_1918970.jpg


説明している時点でアウトですね(爆)

良いレイアウトは、説明しなくても素晴らしいと思えるものだそうです。

次回は水草を植え込んだ状態を載せたいと思います。
[PR]

  by at_atch | 2005-11-23 19:19 | 水草

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE