カテゴリ:アピスト( 40 )

 

ルブロ、浮上!

最近立て続けに大事にしていた種を(全部大切ですが…)落とし、凹み気味だった私のアクアライフですが、久々に良い出来事がありました。

ルブロリネアータが浮上です!
d0054290_21101421.jpg


ちょっと見づらいですが、母親の口の右あたりの流木に何匹か稚魚の姿が見えるかと思います。久々にガッツポーズをしたくなるような出来事でした。

というのも、ルブロは今までで一番ペアリングに苦労した種だったからです。これまでは、メンデが私の中ではかなり難しいと思っていたのですが、ルブロはそれ以上でした。♂を解き放すと同時に激しく喧嘩を始め、フィンスプどころか口で噛み合いを始め、♀がぼろぼろになってしまうというパターンの繰り返しでした。しばらく無理かと思っていたのですが、ただ口を咥えて見ているのも能がないと思い、思いつく限りのことをしてみました。障害物をたくさん入れて、水草を入れて陰を作り、カラシンを当てに入れて、♀に集中給餌をし、♂を離しました。今回も♀が不利のようでしたが、しばらく観察しながら放置しました。ある時、覗いてみると、♂の鰭ががボロボロに…これは産んだと思い、慌てて隔離しました。♀はそれほど植木鉢に固執するでもなく、悠然と泳ぎ回っていましたので、失敗だったかと思ったのですが、昨日、浮上を確認しました。30くらいはいるような感じでした。

ペアリングも、産卵後の隔離もタイミングを逸すると痛い目に合うんだろうなと思わせる凶暴ぶりでした。今回はたまたま上手く行きましたが、次回も成功する自信はありません。大きくなったらもっと凶暴になりそうなので、早いうちにFを採っておかないと、系統維持は難しそうです。

それだけに嬉しい出来事でした。なんか嬉しさのあまり、書き連ねてしまいました(汗)飼育歴の浅い私としてはかなり嬉しかった出来事だったもので…m(__)m

d0054290_21223829.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-07-18 21:23 | アピスト

レッドメンデジィ

我が家にいるもう1ペアのメンデジィです。

hrsさんに頂いたF1個体です。

バルセロスと違って、イエローが明るく、強い感じがします。

頬の青と、明るい黄色の体色、赤っぽいボディが魅力的なメンデです。

画像は隔離した際に、産卵箱の中に入れた状態で撮影したため色が

飛んでしまっていますが、普段はもっと黄色も青も強く、ボディが赤っぽくなります。

Fを取るべく頑張っています。最近、♀の動きが怪しく、植木鉢に入ったり出たりを

繰り返しているので、もう一息という感じですね。楽しみです。

d0054290_21495355.jpg


追記:ルブロが産卵したかもしれません。今度は♂がぼろぼろになりました(T_T)
即刻隔離して様子を見ていますが、メスの体色が黄色くなっていますので、
期待持てます。これで浮上してくれたら嬉しいです。
ペアリングにはかなり苦労させられましたので…
[PR]

  by at_atch | 2005-07-12 21:53 | アピスト

メンデジィ・バルセロス

久々の登場!メンデジィ・バルセロスです。

優秀な♂で、今まで2度、立て続けに別々の♀の相手をし、仔を産ませました。

ちなみに現在残っている仔は4匹です。(爆)

飼育者としての未熟さを痛感させられる数字ですね。

メンデの稚魚育成がこれほど難しいとは思っていませんでした。

久々に画像が撮れたので載せました。

我が家にはもう1ペア、hrsさんからいただいたメンデがいます。

最近、なにやら怪しげな雰囲気を醸しているので、期待しているのですが、

画像が撮れません。

ネグロ上流域のアピを爆殖させることが目標です。

サエは孵化さえできていません。

道のりは長そうですね♪
d0054290_22135158.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-07-08 22:14 | アピスト

サエ♀、落ちました…

仕事から帰ると、サエの♀が落ちていました。

昨日まであんなに元気だったのに…

♂に撲殺されたか、ここ2,3日の気温差の影響かどちらかのようです。

目に見えるダメージがないことからすると、気温差で体力を落としていたのかもしれません。

結局、仔は採れずじまいでした。

やはり、食卵を繰り返していた時に、人工孵化を一度試しておくべきだったと後悔…

アピ飼育は、いろんなことを教えてくれますね。

これを糧としてさらなる精進をいたします!
[PR]

  by at_atch | 2005-07-06 22:01 | アピスト

ビタ・F1

ビタエニアータ・カレイロのF1が成長してきました。とりあえず♂確定個体がちらほらと出てきました。♀もそろそろ分かるかなというくらいです。まず、飼育者の判別眼がかなり怪しいので、なかなか確定できません。情けないですね~♪

我が家のカレイロはブルータイプなので、綺麗なブルーと長~い鰭を期待して育成に励んでいます。

最近、忙しく、なかなか更新できません。先週末はそんな中で水草水槽のプチリセットを敢行したのでさらに追い討ちをかけて忙しかったです。せっかく覗きに来てくださる皆さんに申し訳なく思っています。時間がほちい…
d0054290_21131334.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-07-04 21:13 | アピスト

くぅ~!!!しまった~!!!

d0054290_0134773.jpg


産卵箱に産み付けられた卵です。←見りゃ分かる

ルブロリネアータが産みました。

♂はこの産卵箱の中です。

さぁ~て、産まれるでしょうか?←無理言うな!

という訳で、昨日発見しました。

で、今日、食べ終わっていました。

残念。

一昨日、ペアリングしたのですが(もう4回も失敗しています)、

再び♂が優勢で♀がピヨってたので隔離した次の日の出来事でした。

なぜに♀は♂がいない時に産んじゃうの?産むんだったらなぜ一昨日ピヨるの?

レガニ系は難しいです。
[PR]

  by at_atch | 2005-07-01 00:18 | アピスト

なつかしのアピスト

アピ飼育を始めて初めて導入した種はトリファスキアータでした。

この個体は、背鰭が素晴らしく、青のラメもすごく綺麗にのったお気に入りでした。

まだその頃は技術もなく(今もありませんが)、一腹しかまともに取れませんでした。

そのF1がようやくこの前産卵し、我が家で初めてのF2が誕生しました。

しかし、大阪への帰省で稚魚は全滅してしまいました。

再びペアリングしましたが、今度は産みません。

メンデよりも、サエよりも、ビタよりも簡単なはずなのに…

アピ飼育ではこんなこともよくあります。

まだまだ若いペアなので、気長に待つことにします。

現在、ペアリングしている水槽が多く、レイアウトに変化をもたせ、

障害物をたくさん入れているので、うまく画像が撮れません(言い訳)。

頑張って撮影しなきゃ…

d0054290_022168.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-25 00:02 | アピスト

メンデのメス隔離

本日、心を鬼にして、メンデジィのメスを隔離しました。
健気に守っていて、今のところ食仔はないようなのですが、
やられる時は一気に減るので、今回の稚魚数の少なさを考え、
思い切ってメスを確保しました。

一応、ブラインは食べているのと、自由遊泳は始めているので、
大丈夫だとは思うのですが、やはり少し心配です。
いずれの結果になっても、今後のためにもレポートしたいと思っています。
少しでも皆さんにもお役立ていただければ幸いです。

とりあえず、今回の稚魚の数はたぶん12くらいだと思います。
思ったより少ない。というか既に落ちているのでしょうか?

私の数少ない経験では初産は産卵数が少ないので、こんなものかと思っていますが…
どうなのでしょうか?皆さんの観察もお寄せいただければ嬉しいです。

オスはもう一方のメスとペアリングです。
オスは休む暇なくたらい回し…
幸せなのか拷問なのか…オスに聞いてみたいです♪

次はサエの繁殖に挑みます。
再びメスが抱卵し始めているようなので、今度はオスを入れ替えて臨もうと
思っています。
うまくいきますように!

P.S 連日、文字だけのアップ、すみません。どうも画像が撮れません(泣)
[PR]

  by at_atch | 2005-06-23 23:39 | アピスト

メンデ浮上♪

本日、メンデジィが浮上しました。引き連れているのは10~15匹だと思われます。我が家にはバルセロス産のメンデがトリオでいます。(♂×1、♀×2)今回の産卵、浮上で、両方のメスが初産を終えたことになります。爆殖スイッチが入ってくれれば良いのですが…
片一方のメスは見事に食仔しました。次の産卵準備のため、稚魚を我が子と認識しなくなったようでした。

さて、今回は…

今回こそ、浮上したら即、メスを抜こうと思っていたのですが、我が子を守る健気な母親の様子を見てしまうと、抜けませんでした(爆)

それで、自分に言い聞かせるように、こうすることにしました。

稚魚が少しでも減ったら、メスを隔離しよう!…

情けないな~と思いつつ、これが現状です。頼むから、食仔してくれるなよ!と願うばかりです。

そのうち、「まだ減ってないよ…な?」といいつつ、稚魚全滅!ということにもなりかねないのでしょうか?

どなたか、メスを抜く勇気をください。
[PR]

  by at_atch | 2005-06-23 01:10 | アピスト

白化個体?オレンジ個体?

この画像はAP.ビタエニアータ・カレイロ産の稚魚の1匹です。明らかに普通の稚魚とは違う色をしています。少し前にいろいろなHPでアップさせていただき、ご披露しましたが、2腹目にはかなりの数が混じっています。2割くらいいるかなという感じです。幾人かの先輩方に見ていただいたところ、恐らく色素が何らかの遺伝的理由で抜けてしまった個体だとのことです。目がブドウ目ではないことからすると、アルビノではないのではないかとも教えていただきました。成長するにつれ、色が変わっていくのか、このまま色素欠乏のままでいくのかということも興味深いです。数が結構取れていますので、上手く系統維持できれば面白いかなと思っています。
d0054290_2319879.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-19 23:19 | アピスト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE