「ほっ」と。キャンペーン

カテゴリ:ワイルドベタ( 15 )

 

すっかり…

大きくなりました。

アルビマルギナータF1です。

d0054290_22282669.jpg


繁殖行動寸前の時は本当に体色がレンガ色に染まります。

なんとか3ペアは維持できています。

そろそろF2を狙ってペアリングをしたいところです。

幾度か咥えたのですが,3ペアも混泳しているので,流石にゴックンしました。

水温も安定してきたので,ブリードのチャンスですね。

どうも吐き出しの技術がイマイチで,強制吐き出しさせた後は♂がぐったりして

調子を落としてしまいます。かといって,自然吐き出しにすると,タイミングがまずいと

全部親に食べられてしまいます。

難しいところですね。経験あるのみでしょうか。
[PR]

  by at_atch | 2006-10-14 22:28 | ワイルドベタ

感染とその後

実は,こんなのがうちにはいます。

d0054290_2125279.jpg


rough67さんから譲り受けました。しかも,親マクロです(大滝汗

roughさんが単身赴任と長期出張のため,お譲りいただくことになりました。

この上ないプレッシャーと,感謝の気持ちでいっぱいです。

本当にありがとうございます。

我が家にお迎えしたのが4/14でした。

そして,4/22,初の絡み&咥えでした。

残念ながら5日後くらいに♂の口がすっきりしており,餌も食べにきたのでゴックン!

と思っていたんです。

今日は午後からメンテをしており,マクロに餌をいつものように…

そうしたら…こんなん出ましたけど…

d0054290_2135563.jpg


吐き出しましたが,それはいろんなストレスを感じたからでしょうね。

明らかに早すぎの吐き出しです。まだ10日目。

でもものすごく嬉しかったです。

この先,無事に成長してくれれば嬉しいのですが…

口は萎んでも,稚魚はいたんですね。

そのまま絶食させておけばと思うと反省しきりですが,とりあえずブリード成功?

経過をまた報告いたします。



そして,昨日は新規を引き取りに行ってまいりました。

sp.ウリアスです。

極上セレクトとのことなので,頑張って極上に仕上げれるよう頑張ります。

とりあえず物陰に隠れて出てきません(汗

色も全く出ていません。画像は後日。
[PR]

  by at_atch | 2006-05-02 21:39 | ワイルドベタ

ユニマクラータの近況

今日は最近ご無沙汰になってしまっているお魚のネタです。←オイ

ユニマクラータの♂画像を。頬の青がチャーミングです。

d0054290_22385662.jpg


めでたく同じロカリティの♀をゲットしてきましたので,

仔作りに励んでもらいたいのですが,なかなか上手くいきません。

これまで3度ほど絡んでいる様子を見ていますが,最長で3日目でした。

最短では繁殖行動後,15分くらいで餌をあさっていました。

ベアタンクで飼っているので,底のガラスが反射していて明るすぎるのが

原因かなとも思うのですが,よく分かりません。

水質はPH6.5前後なのですが,もっと高い方がいいのですかねぇ…

なんせ大型マウスタイプベタは初めてでして,上手くコツというものが分かりません。

皆さん,ご教授くださいませ。
[PR]

  by at_atch | 2006-02-23 22:43 | ワイルドベタ

忙しい…

最近忙しすぎです。ネタはあれども更新する時間がない。

更新する時間はあれどもネタがない。

うまくいきませんねぇ。

近況ですが…

アルビはペアリングした夜、絡みました。←早すぎ

また♀を抜かなきゃ。1週間ごとに引越ししてますね。

新規いきました。

ユニマクラータです。

以前いただいたユニマクでしたが、♀を落としてしまい、

♂の独身状態が続いていました。

やっと同じロカリティのものを見つけたので、即ゲット。

ペアで入れたため、トリオになりました。

昨日♂と♀が絡み合っていましたが、咥えていません。

もしかして産んでゴックン???だとしたら咥え時間5分(爆)

そんなわけないですよね。擬似行動だと信じています。

さて、大型マウスタイプのベタはどんな産卵、咥えを見せてくれるのでしょうか。

楽しみです。
[PR]

  by at_atch | 2005-12-23 00:17 | ワイルドベタ

アルビペアリング

Wベタのアルビですが、今回の産卵&咥えは吐出しまでいったものの、

翌日には親の食事となっておりました(泣)

一度タイミングを計ってプラケに移したのですが、吐き出してくれませんでした。

それでやむなく元に戻したのですが、タイムオーバーとなってしまったようです。

今回の失敗でまた1つ勉強になりました。

遅すぎるとほぼ確実に♂親の餌食になるということです。

稚魚が出てきてすぐに餓死して餌になるのか、親の空腹が限界を超えるのかは

分かりませんが、遅くてもダメダメでした。

早いとヨークサックぶら下げて出てくるし、産卵のタイミングをしっかり観察することと、

水温から吐き出しの予定を割り出すにはかなりの経験が必要だと痛感しました。

2週間ほど♂を休ませたので、次回の産卵を狙って♀を合わせました。

さて、どうなることやら…
[PR]

  by at_atch | 2005-12-11 23:55 | ワイルドベタ

アルビの稚魚

やっと画像に収めることができました。9月半ばに生まれたWベタ、

アルビマルギナータの稚魚です。ピンがずれてますが、雰囲気は

分かっていただけるでしょうか?

生まれてから2ヶ月経ちますが、餌やりが上手くなかったのか、

成長が遅い??ような気もします。こんなものでしょうかね。

生まれた時からWベタという雰囲気は出ていました。こんなサイズでも、

兄弟同士の喧嘩は絶えません。さすがWベタです。

今、♂が二腹目を咥え中です。そろそろ吐き出しのタイミングです。

今回取れれば系統維持にメドが立ちそうです。

小型マウスブリーディングベタは、一度の産卵数が比較的少ないと聞いたことが

あります。一腹目も10匹前後だったような気がします。

何ペアとれるかなと楽しみにしています。
d0054290_22165987.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-11-08 22:18 | ワイルドベタ

アルビもう1ペアも…

本日帰宅すると、別水槽にいるアルビのもう1ペアの方が絡んでいました。

またも現場を見ることはできませんでしたが、♂の口はパンパンです。

しかし、こちらの方は少し期待薄です。

まだしばらく産まないだろうと思って、コケ退治にエビをそれなりの数

投入してしまっています。ストレスでゴックンが関の山だと思います。

しかも、浮き草の量も少ないので、隠れ家がなく、♂にとっては試練です。

できるだけ頑張って欲しいものです。

先に産んだ方もまだ頑張って咥えています。

目標にした3日が過ぎました。

あと10日?長すぎです。思い余って覗き込んでしまいました。

呑みこまないでくださいね…
[PR]

  by at_atch | 2005-09-09 23:37 | ワイルドベタ

アルビ続報。

咥え始めてから丸2日が経過しました。

現在も一応咥えています。

気になって仕方がないのですが、極力見ないようにしています。

昨日の夜は、シェルターから出てきていたので、ダメかと思いました。

でも、またすぐに物陰に隠れて卵をほおばっています。

試練の3日間がとてつもなく長く感じます。

アピが産卵しても時々植木鉢をひっくり返して確認するくらいですから…

自分が一番辛抱できません(爆)

餌も食べず、一生懸命咥えている♂に脱帽です。

あと10日くらい、私が我慢できるか心配です。
[PR]

  by at_atch | 2005-09-08 22:15 | ワイルドベタ

見逃した~!!!

先日導入したWベタのアルビですが、今日仕事から帰って覗いてみると

♂の口がパンパンに腫れていました。

下のスレッドに載せた画像の♂とは違うペアですが、ペアの相性と

雰囲気が良かったので近いうちに産卵してくれるのではないかと思っていました。

でも予想よりかなり早かったです。

台風の接近で気圧の変化と、気温が落ちたので水温の若干の低下がスイッチに

なったのかもしれません。

昨日の夜は♀がお腹が出てきたなと思っていました。抱卵してきたのかくらいに

思っていたのですが、今日見るとぺっこりと凹んでいました。

もしやと思って♂を探したら、♂がスポンジフィルターの下ですごい口のまま

じっとしていました。

情熱的な産卵シーンを見逃したのは残念でしたが、このまま上手く吐き出しまで

いってくれたらと期待しています。

でも、咥えている期間ってどうすればいいのかさっぱり分かりません。

餌はやってもいいのでしょうか?♀はそのままで良いのでしょうか?

もし吐き出し時期になったらどうするの?

と疑問だらけの私でした。

初めてのことなので、試行錯誤で頑張ってみます。

まずは3日間咥えてくれることを願っています。
[PR]

  by at_atch | 2005-09-06 18:24 | ワイルドベタ

新規導入!

d0054290_2343645.jpg
久々の新規導入です。

ワイルドベタのアルビマルギナータです。

今回は思い切って2ペア導入しました。

画像は♂です。

マウスブルーディングベタの一種で、小型の種です。

水質に関しては急変を避ければそれほどでもないようですが、

なにぶんにも小型なので、病気に罹ると恐そうです。

早期発見早期対処が必須のようです。

状態は良いので一安心です。

早速♂と♀でフィンスプをしていますので、上手くいけば産んでくれそうな気配です。

Wベタ繁殖はかなり情熱的だそうで、興味津々です。

頑張って系統維持していきたいと思います。
[PR]

  by at_atch | 2005-09-03 23:05 | ワイルドベタ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE