カテゴリ:ワイルドベタ( 15 )

 

やはり・・・凹

ずっと気になっていたワイルドベタ・ユニマクラータの♀が本日、☆になりました(泣)

一度は持ち直したのですが、食はずっと細く、心配していました。

♂とは2回りくらいも大きさに差が出ており、成長も止まっているようで心配でした。

ここ3日ほど、餌を上げても見向きもせず、また拒食になっていました。

生ブラインにも、大好物の稚エビにも見向きもせず…でした。

仕事から帰って餌をやりましたが、食べませんでした。

そして、私が見ている目の前で、静かに呼吸を止めました。

サエとユニマク、最近お気に入りの魚を立て続けに落としてしまいました。

無念です。

この時期は難しいのでしょうか…夏を乗り切れるか本気で心配になってきました。
[PR]

  by at_atch | 2005-07-13 23:43 | ワイルドベタ

ユニマク、一応回復。

一時期調子を落としていたユニマクラータですが、何とか持ち直しました。完全に元に戻ってはいないものの、餌も食べてくれるようになりました。ちょっとした荒療治が良い方向に転んでくれたようです。未だに原因は分かっていないのですが、寄生虫だったのかなと思っています。このまま完全回復して欲しいものです。画像は♂の個体のものです。♀がしばらく調子を落としている間に、サイズ差が2センチくらいできてしまいました。大きさにしてひとまわり以上の差です。この差が今後の飼育、繁殖にどう影響するか、不安なところです。
d0054290_22322837.jpg
d0054290_22324692.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-29 22:33 | ワイルドベタ

ワイルドベタ・sp・パンカランブーン

d0054290_040323.jpg
我が家にいる泡系ベタは2種類です。どちらも赤ベタと呼ばれるものです。一つはコッキーナ、そして、もう一つがsp.パンカランブーンです。コッキーナとの違いは体側にあるスポットの大きさです。コッキーナにもスポットはあるそうですが、我が家の♂にはほとんど出ていません。鮮やかな赤と、コントラストをなすブルーのスポット、体型と各鰭の伸長具合がかなり魅力的なお魚です。ぜひとも系統維持したいのですが、気配は全くありません。具体的にどうしたら産むのかもよく分かっていないので、そこから勉強しなければなりません。
[PR]

  by at_atch | 2005-06-27 00:41 | ワイルドベタ

コッキーナ

我が家にはワイルドベタが2種類いますが、これはコッキーナという種類のベタです。
先日ご紹介したユニマクラータはマウスタイプで、オスの口の中で卵が孵る種類なのですが、
コッキーナは、泡巣と呼ばれる産卵床を自ら作って、その中に産卵するタイプのベタです。稚魚がとても小さく、ブラインシュリンプは食べれないそうなので、初期飼料を考えなければなりません。というよりもまず、産ませることができるかどうかが課題…です。
d0054290_234135.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-06-03 23:41 | ワイルドベタ

ユニマクラータ

これはワイルドベタ・ユニマクラータ(ムアラ・テフェ産)です。HN“何でも屋さん”からの頂き物です。まだ若魚ですが、徐々に色が出始めました。頬に青がちょっぴりのっているのが分かるでしょうか?成長するにつれ、メタリックブルーに輝く非常に美しい姿へと変貌するようです。成長が楽しみです。ちなみにこの個体は♂だと思われます。
d0054290_23211914.jpg


こちらは♀と思われる個体のアップ画像です。早く大きくなって、繁殖して欲しいです。このベタは、♂が卵を孵化するまで咥えて守る、マウスブルーダーです。♂は餌を食べずに2週間以上、卵を咥え続けます。現在6センチ前後ですが、まだまだ大きくなります。もう少ししたら45センチ水槽へお引越しの予定です。
d0054290_23284568.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-05-24 23:30 | ワイルドベタ

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE