カテゴリ:水草( 12 )

 

NA水槽なんですが…

ずっと催促を受けていたものの,恥ずかしくて出せなかったNA水槽の

その後です。いろいろとアドバイスをいただいたのですが,手を入れる暇なく

放置してはトリミングし,放置してはトリミングを繰り返しているうちに,

グロッソとヘアーグラスが境界線を越えて好き勝手に入り乱れ,

見るも無残な水景となりました。

向かって左後ろのグロッソなんか,光量不足で立ち上がってます(爆

リシアを浮かべておいたら,そこにリシアがたまり,光をさえぎったという

間抜けな話です。

何か植え足そうかとも思うのですが,発想がイマイチ浮かびません。

左後ろの状態が悲惨なのをいいことに,パールグラスでも石の後ろに

植えてみようかなとも思うのですが,いかがでしょうか…

水草の達人さんたち,困っているワタクシにアドバイスをば…(爆
d0054290_2125042.jpg

写り込みもすげいですね。
[PR]

  by at_atch | 2006-04-18 21:25 | 水草

NA作成過程-その3

前回は盛土まででした。

だんだん更新の頻度が落ちてゆきます。

ネタが少なくなってきたので出し惜しみ(爆)

今回は水を張って、水草を植え込んだ状態です。立ち上げ直後です。

d0054290_2349296.jpg


植栽して3時間ほど経過した水景です。

今まで使っていたフィルターを2機稼動させたので、予想以上に早く水の濁りが

取れ始めました。

水を張るときのコツは、皆さんご存知だとは思いますが、まず霧吹きなどで底床の

表面を濡らしておくことです。

何もしないで水を張ると、確実に土が浮いてきて大変です。

グロッソの植え込みは肩と首が痛くなるほど根気がいります。できるだけ綺麗な葉

だけにし、1本1本丁寧に植え込んでゆきます。

はじめはこのようにまばらでも、次第に絨毯のように広がってくれます。←たぶん

立ち上げ直後からしばらくの間は3日に1度の換水が待っています。

苔ませんように…
[PR]

  by at_atch | 2005-12-02 23:58 | 水草

NA作成過程-その2

NA作成の方法、その2です。

先回は底床のセットまででしたが、今日は石組みです。

石組みのレイアウトは、構図がすべてを決するといっても過言ではないとの

ことです。したがって、この段階が一番難しく、一番大切な作業です。

残念ながら、センスに恵まれていないので、良い構図を思いついたとは言えないの

ですが、私なりにいろいろ試しながら自分の中で一番しっくりいく構図にしました。

d0054290_19154135.jpg


60センチ規格水槽の場合、多くのカタログや作成例で示されているように

1群の石組みにすることが多いようです。理由は、2群にすると窮屈になり、

比較的小さい水槽では遠近感が出しにくく、表面的なレイアウトになるようです。

したがって、1群にして、石をひとまとまりにし、その他の空間で広がりを出す

ことが多いそうです。私の手持ちの石でそうしようと試みたのですが、

どうも上手くいかなかったので、2群にしました。

その代わり、遠近感を出すために右手前を盛土で高くし、石の向こうの空間を意識

させるようなレイアウトにしました。左側は奥を高くし、起伏をつけることで、

自然感を出すと共に流れをつけることを意図しました。フラッシュでないと

明るさが足りなかったので、反射してしまっていますがご容赦ください。

d0054290_1918970.jpg


説明している時点でアウトですね(爆)

良いレイアウトは、説明しなくても素晴らしいと思えるものだそうです。

次回は水草を植え込んだ状態を載せたいと思います。
[PR]

  by at_atch | 2005-11-23 19:19 | 水草

NA作成過程-その1

アップしたNAをどのように作成したか?ということを記録してみました。

もちろん、ADAのカタログや雑誌を見れば作り方は書いてあるのですが、

イメージが湧かないところもありますよね。実際、私がそうでした。

それで、自分自身が忘れないためにも、一通り記録に残しておくことにしました。

自己流、他の人からの情報を参考にした部分も多々ありますので、悪しからず…

d0054290_22235667.jpg


本日は底床に関してです。

今回、初めて使ったのですが、ADAのパワーサンドを敷きました。

この部分でのポイントは、前面や側面のガラス面から少し間を空けて敷いておく

ことです。もしそうしないで上から底砂を敷くと、ガラス面に白っぽい軽石状の

パワーサンドが見えてしまい、見栄えが非常に悪くなるからです。知ってますよね…

さて、次にすることは、これです。分かりますか?

d0054290_22174146.jpg


そうです、ホームセンターなどで売っている鉢底ネットです。

これを水槽の底面サイズに合わせてカットし、パワーサンドの上に敷きます。

こうすると、水草を差し戻したり、一度抜き取る時にパワーサンドが水草の根っこと

一緒に引き抜かれるのを防ぐことができるからです。

これはベテランのアクアリストに教えていただきました。ありがとうございました。

それから、その上からアクアソイルを敷きます。

今回は石組みレイアウトにするので、

それほど厚く敷くのではなく、4センチくらいに均等に敷きました。

画像は…

取り忘れました(汗)やっているうちに画像に残すのをいつしか忘れてしまい…

最後まで続くのか?心配です。
[PR]

  by at_atch | 2005-11-16 22:26 | 水草

初ネイチャーアクアリウム

取り掛かると言いつつ時間がかかってしまいました。

土曜日、日曜日と深夜までかかってリセット、そして新しいレイアウトの

作成に励んでおりました。

その割には大したことのないレイアウトかもしれませんが、

なんとか出来上がりました。

水草が生長していったらどのように崩壊?してくれるのか、

いや、完成してくれるのか楽しみです(苦笑)

石組みは流木とは全く違った印象になりますね。

個人的にはかなり好みのレイアウト素材です。

問題は、PHと硬度がどれだけ上がってしまうかということでしょうね。

明日以降、このレイアウトの作成過程をアップしてゆこうかと思っています。
d0054290_22444628.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-11-14 22:46 | 水草

ディープレッドホタルテトラ

現在の水草水槽に入れているカラシンです。

コロンビア産のディープレッドホタルです。映り込みが激しくてすみません。

このカラシンが、アピの稚魚大量死の引き金になりました(泣)

トリートメント不足で、病原菌を持ち込んだものと思われます。

当の本人たちは元気なもので、最初の方で2,3匹落ちただけでした。

今ではずいぶん、赤の発色が良くなっています。

ディープレッドホタルは、個体によって赤の発色に差があります。

どこに原因があるのかはよく分かりませんが、明らかに違います。

購入する際には、赤の発色が良いものを選別して導入した方が、

より美しい郡泳を楽しむことができると思います。

幸い、私は購入したショップが良心的で、赤の発色の良いものを優先して

パッキングしてくれましたので、比較的良質のものが揃ったのではないかと

思っています。小さいですが、存在感のあるテトラで私は大好きです。

特に、流木を構図素材にしたレイアウトにぴったりのような気がします。

今度作る石組みには何を入れようかと迷っていますが、Hem.アームストロンギ

なんかがいいかなと…皆さんはどう思われますか?
d0054290_2272241.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-11-02 22:08 | 水草

レイアウト素材

まずは、これまで更新を怠っていたことをお詫びいたします。

何度ページを開いてくださってはがっかりされたことかと思うと、心が痛みます。

あまり期待されていないのでがっかりも少なかったかもですが…(汗)

もう少し頑張らなければと反省いたしました。皆さんから叱咤激励のお言葉、

ありがとうございました。

さて、この一ヶ月あまりの間に、NA(ネイチャーアクアリウム)のレイアウトを

やってみたいと思い、レイアウト素材をちょこまかと仕入れておりました。

今日は親石になる青龍石をご紹介したいと思います。

横に置いた本は文庫本です。(たばこは吸わないので、比較できるものがなく…)

なかなかの親石をゲットできたのではないかと思ってます。

生かすも殺すもセンス次第ですが、頑張ってみたいと思います。←一番心配。

あと、これより2回りほど小さい石が6個ほど、捨石用の石が幾らかという感じです。

捨石が少なく、ちょっと心配ですが、あまりうるさいレイアウトにはしたくないので、

こんな感じでしてみようと思っています。

PHがどれくらい上がるのか、かなり心配です。すでに2つばかりは、水槽の中に

入れてますが、こればかりはスタートしてから悩むしかありません。

盛土の仕方とか、起伏のつけかたとか全く分からないのですが、

どなたか教えてくださいません??

センスがないのでかなり無謀な挑戦です。

何といってもワタクシ、小学校の時の図工の時間に、

風景画を描いた時、家を定規で書いていましたから…(爆)

どうなることやら…どなたか、教えてください←マジ
d0054290_22142958.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-11-01 22:18 | 水草

イベント!

一昨日になりますが、六本木ヒルズで開かれていたアクアリウム・フェアに

行ってきました。凹んでいたのでちょうど良い気分転換になりました。
d0054290_2239964.jpg

まず驚いたのは水草レイアウトのコーナーが屋外にあったことです。

その日の気温は28度でした。前日が30度を超えていたことを考えると、

すごいチャレンジをしていると思いました。

どれも綺麗なレイアウトで眼の保養になりましたが、

幾つかピックアップしてみたいと思います。

撮影技術のなさと、屋外なので映り込みが激しいですが、ご容赦を。

まずはこれです。
d0054290_22394752.jpg


60センチ水槽の中ではこれが一番気に入りました。牛は余計ですが…

ちなみにフルセットで48万だそうです。

そしてこれ。
d0054290_22403656.jpg


95万。しかも売約済みでした。買う人がいるのだなと感心しました。

大型水槽ではこれが一番でした。たぶん…青龍石の存在感がすごいです。

石組みのレイアウトがしたくなりました。

d0054290_22481414.jpg


同じイベントで臨時のアクアリウムバーにあった一番すごいと思われる水槽です。

魚が多すぎですが、レイアウトは綺麗でした。

ほかにもありましたが、上手く撮れていません(汗)

アクアにどっぷりと浸かったマニアよりも、ごくフツーの人のほうが多かったです。

いい気分転換になりました。
[PR]

  by at_atch | 2005-09-19 22:47 | 水草

やっと揃いました。

いや~。長くかかりました。ミドボンを導入してから何日経ったことやら…

ボンベはあるものの、配管ができない状態が長く続いていました。

1-4ブランチ、4連ハンドバルブ、グラスカウンターなどなどを

新たに発注していたのですが、欠品のものがあったらしく、

昨日やっと全部揃いました。

週末にでも配管をして機能させたいと思っています。

画像は1-4ブランチと4連ハンドバルブです。

d0054290_12142373.jpg
d0054290_1214322.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-08-31 12:13 | 水草

ミドボン

欲しいと思ってなかなか導入できないものが幾つかあります。

そのうちの1つがこれでした。

ランニングコストを考えると、初期段階で導入しておくべきでした。

私の場合、初めに導入したのがプッシュ式のCO2でした。

これはすぐにダメだと分かり、発酵式にしました。

なかなか良かったのですが、夏場に発酵しすぎで水槽内に液体が入り、

大事になりました。冬場は発酵スピードが鈍るので、安定した添加ができず、

取りやめにしました。

そして小型のボンベに切り替え、今までやってきましたが、

ボンベのランニングコストがばかになりません。

というわけで、大きく遠回りをしましたが、ミドボンにやっとたどり着きました。

でも、ミドボンを導入したからって、

水草の育成技術が上がるわけではないんですよね…

しかし、ミドボンを入れたという事実は、気合を入れて頑張るには

良い動機付けになりそうです。

なにより、ケチケチしながら添加しなくて良いだけでも精神的に楽そうです。

配管のパーツがまだ届いていないので、接続はもう少し先になりそうですが、

近々アップします。

楽しみです。

d0054290_21421522.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-08-16 21:43 | 水草

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE