「ほっ」と。キャンペーン

<   2005年 08月 ( 6 )   > この月の画像一覧

 

やっと揃いました。

いや~。長くかかりました。ミドボンを導入してから何日経ったことやら…

ボンベはあるものの、配管ができない状態が長く続いていました。

1-4ブランチ、4連ハンドバルブ、グラスカウンターなどなどを

新たに発注していたのですが、欠品のものがあったらしく、

昨日やっと全部揃いました。

週末にでも配管をして機能させたいと思っています。

画像は1-4ブランチと4連ハンドバルブです。

d0054290_12142373.jpg
d0054290_1214322.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-08-31 12:13 | 水草

メンデ人工孵化報告~第2弾~

あれから約1週間が経過しました。

現在のところ、9ないし10匹の生存を確認しています。

餌は生ブラインを毎日、水を汚さないように、しかも稚魚全員に

行き渡るようにあげています。(そのつもりだけかもしれませんが…

孵化当初よりはかなり活発に泳いでくれているので一安心です。

もう少し大きくなれば、一息つけるのですが、まだまだ油断できません。

この週末に最初の水換えを実行しようと思っています。

これを乗り切れれば軌道に乗ると思うので、慎重に行ないたいと思っています。

画像はプラケに照明なしなので、撮影しても見えませんでした(>_<)

というわけで、次回に再度挑戦したいと思っています。
[PR]

  by at_atch | 2005-08-24 23:52 | アピスト

メンデ人工孵化!

またまた失敗すると恥ずかしいので公表していませんでしたが、

メンデの人工孵化にチャレンジしていました。

3日前に孵化し、今日、浮上しました。

20~30くらいの卵でしたが、どんどんカビていき、またダメかと思いました。

ピンセットで死卵を取り除き、スポイトで水を拭きかけていました。

ある時、植木鉢に付いた有精卵がスポイトの勢いで舞い上がってしまい、

また失敗だと思ってました。

あきらめの境地で覗いたところ、なんか尻尾みたいなものが…???

一昨日確認したら泳いでいました!!!

昨日は初期飼料として他の水槽で勢いよく茂っているマツモを投入しました。

そして今日、おそるおそる生ブラインをちょびっとだけ投入すると…

食べてくれました。

いや~嬉しかったです。

でも、これからも予断は許しませんので、気をつけて観察したいと思っています。

上手く育ってくれ~!!!
[PR]

  by at_atch | 2005-08-18 23:16 | アピスト

ミドボン

欲しいと思ってなかなか導入できないものが幾つかあります。

そのうちの1つがこれでした。

ランニングコストを考えると、初期段階で導入しておくべきでした。

私の場合、初めに導入したのがプッシュ式のCO2でした。

これはすぐにダメだと分かり、発酵式にしました。

なかなか良かったのですが、夏場に発酵しすぎで水槽内に液体が入り、

大事になりました。冬場は発酵スピードが鈍るので、安定した添加ができず、

取りやめにしました。

そして小型のボンベに切り替え、今までやってきましたが、

ボンベのランニングコストがばかになりません。

というわけで、大きく遠回りをしましたが、ミドボンにやっとたどり着きました。

でも、ミドボンを導入したからって、

水草の育成技術が上がるわけではないんですよね…

しかし、ミドボンを入れたという事実は、気合を入れて頑張るには

良い動機付けになりそうです。

なにより、ケチケチしながら添加しなくて良いだけでも精神的に楽そうです。

配管のパーツがまだ届いていないので、接続はもう少し先になりそうですが、

近々アップします。

楽しみです。

d0054290_21421522.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-08-16 21:43 | 水草

アピ・アパート

久々の更新ですみませんでした。

しばらく忙しかったのと、体調がイマイチだったのとで更新もHP巡りも

滞っていました。

やっと片付いたので我が家のアピ・アパートをご紹介いたします。

ちょっと暗いので見づらいかもしれませんが、こんな感じのアパートです。

上2段はM水槽×8です。ここには、ワイルドベタ・パンカランブーン、ワイルドベタ・

コッキーナ、ワイルドベタ・ユニマクラータ、Ap.メンデジィ、AP.ビタエニアータ、

AP.トリファスキアータ、AP.ルブロリネアータ、AP.メンデジィ稚魚が住んでいます。

最下段は45センチ×2です。ここにはAP.メンデジィ、AP.エリザベサエがおります。

一番下はなかなか産まなくて、気が強いペア用に広いものを準備しています。

おいおいご紹介しますが、この近くに60センチ×2とルームメイト901があります。

それにしてもよく増えました。これ以上は無理ですね。
d0054290_23303246.jpg

[PR]

  by at_atch | 2005-08-11 23:31 | その他

ビタエニアータ・ジャヌアリ

d0054290_2162285.jpg


混泳水槽にいるビタエニアータ・ジャヌアリ産(hrsさん産F1)です。

一腹採って休養中です。産卵・育仔中に稚魚に合わせて餌をやっていたら、

ブクブク太ってしまいました。ダイエット中です。

我が家には現在、イエロータイプとブルータイプのビタ・ジャヌがいます。

双方とも、特徴があって魅力的な種です。

ジャヌアリ産は鰭の伸長が素晴らしく、黒本のジャヌアリ産のビタを見て、

アピストのとりこになりました。

私にとって、ビタエニアータは思い入れの深い種で、ビタはずっと維持しておきたい

アピストの1つです。

d0054290_2164735.jpg


真正面からのショット!!
[PR]

  by at_atch | 2005-08-01 21:06 | アピスト

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE