週末♪

ちょっと遅れ気味の報告ですが…

週末,関東では有名な伊豆の河津桜を見に行ってきました。

タイミングはほぼ満開で,大成功でした♪

厳密に言うと,満開をちょっと過ぎて,葉が出始めていましたが,

2年前に行った時は2分咲きで散々だったのでよしとしたいと思います。

実は,妻が数年前に何年か,伊豆に住んでおりましたので(結婚前です),

この辺りはよく知っているのであります。

さすがにピーク時だけあり,人の多さもなかなかのものでしたが,

美しい景色に心を洗われるようなひと時を過ごしてきました。

河津桜は普通の桜とは違い,2月の末に満開を迎える早咲きの桜です。

色もソメイヨシノと違って,ややピンクが濃く,鮮やかで派手な印象を受けます。

d0054290_2240126.jpg


菜の花とのコントラストが綺麗です。

d0054290_22403444.jpg


川沿いに700本ほどの桜が立ち並び,一瞬の美しさを見せてくれます。

その後ですか?もちろん…

これです。

d0054290_22405160.jpg


その後?…

温泉に浸かり,贅沢な極上の時間を過ごしてきましたよ♪

やっぱり私には…花より団子でした!(^^)!
[PR]

  # by at_atch | 2006-03-08 22:41 | その他

新規導入!

先週土曜日に新規導入してしまいました。AP.バエンスィです。

自分のブログに載せるのが遅すぎですね。

♂は特に警戒心が強く,画像を撮らせてくれません。

それでは,パシャリ!♂個体です。

d0054290_23241626.jpg


そして♀個体♪

d0054290_23242986.jpg


ナイスニー系は初めての導入です。

♂の当たりがやや強いですが,♀は上手くかわしていますので,このままで

良いかと思っていますが,どうなんでしょうね。

セパレータで雌雄を離して,♀を太らせようかとも考えています。

それにしても,今までにはない魅力にちょっとワクワクです。


追記:先日掲載した「愛用品」のところで,TDSメーターをご紹介しました。

校正が不要だと明記してしまいましたが,校正用のネジがついていました。

さらに,M社のTDSメーターと,機器の設定数値が違うため,M社のppm

表示と数値に誤差が出ることも判明しました。詳しくはhrs19aさんの

HP(外部リンク)のコンテンツに近日中に掲載される予定ですので,

参考になさってください。

誤った明記と混乱を招いたことをお詫びし,訂正します。すみませんでした。
[PR]

  # by at_atch | 2006-03-03 23:27 | アピスト

ユニマクラータの近況

今日は最近ご無沙汰になってしまっているお魚のネタです。←オイ

ユニマクラータの♂画像を。頬の青がチャーミングです。

d0054290_22385662.jpg


めでたく同じロカリティの♀をゲットしてきましたので,

仔作りに励んでもらいたいのですが,なかなか上手くいきません。

これまで3度ほど絡んでいる様子を見ていますが,最長で3日目でした。

最短では繁殖行動後,15分くらいで餌をあさっていました。

ベアタンクで飼っているので,底のガラスが反射していて明るすぎるのが

原因かなとも思うのですが,よく分かりません。

水質はPH6.5前後なのですが,もっと高い方がいいのですかねぇ…

なんせ大型マウスタイプベタは初めてでして,上手くコツというものが分かりません。

皆さん,ご教授くださいませ。
[PR]

  # by at_atch | 2006-02-23 22:43 | ワイルドベタ

愛用品

皆様、すみませんでした。

1ヶ月以上も放置していたので、ほとんど見てくださっていないと思います。

とりあえず、細々と復活します(笑)

hrsさんに私の愛用品をご紹介し、その時にふと…

愛用品を紹介するといいかも!←気付くのが遅すぎ。

という訳で復活第1弾は、私の愛用品のTDSメーターです。

d0054290_22502831.jpg


あらかじめお断りしますが、私個人の使用感のレポートに過ぎないので、

参考程度にしてください。特定のメーカーの回し者でも、別のメーカーの

中傷もするつもりはありませんのでよろしくお願いします。

さて、このメーターの優れている特長が2つあります。

①計測時間が短い。

②校正が不要。←どうやら校正ネジが付いているみたいですm(__)m

計測時間ですが、約2秒です。早くないですか?

2本の電極が出ていて、それを測定したい水を浸すとOK。

ROを通した水はきちんと2~5PPMを指し示しますので、精度も満足しています。

浄水器の性能測定に使われる物のようですが、使えます。

私はかなりお気に入りです。

ケースも付いていたのですが、ヒーターの空焚き事故で、一部が溶けて

ゴミになりました(泣笑)

さてさて、何人の方が見てくださることでしょう。

そして、次回の更新はいつ?(爆)
[PR]

  # by at_atch | 2006-02-15 23:00 | その他

今年の初投稿…

皆様、旧年中は本当にお世話になりました。

今年もよろしくお願いいたします。

今年こそは頑張って更新すると思っていましたが、

いきなり風邪に見舞われ、出だしからつまづいております(爆)

水槽もまだ復旧しておらず、画像を撮るのもままならず、

文字だけの投稿ばかりですが、ご容赦ください。

明日までにはとりあえずの復旧を終えられそうなので、

頑張りたいと思います。

それでは、改めて、よろしく願いいたしますm(__)m
[PR]

  # by at_atch | 2006-01-14 11:38 | その他

ありがとうございました

今年一年も、あっという間に過ぎ去ってしまいました。

皆様、今年一年、ブログに訪問してお声を掛けてくださり、

本当にありがとうございました。

年末付近はほとんど更新もできず、心苦しい日々が続きました。

それでも見捨てずにお付き合いくださったことを感謝いたします。

来年もどうぞ楽しく遊んでやってください。

今年一年のご親切に感謝いたします。

ありがとうございましたm(__)m
[PR]

  # by at_atch | 2005-12-31 22:37 | その他

忙しい…

最近忙しすぎです。ネタはあれども更新する時間がない。

更新する時間はあれどもネタがない。

うまくいきませんねぇ。

近況ですが…

アルビはペアリングした夜、絡みました。←早すぎ

また♀を抜かなきゃ。1週間ごとに引越ししてますね。

新規いきました。

ユニマクラータです。

以前いただいたユニマクでしたが、♀を落としてしまい、

♂の独身状態が続いていました。

やっと同じロカリティのものを見つけたので、即ゲット。

ペアで入れたため、トリオになりました。

昨日♂と♀が絡み合っていましたが、咥えていません。

もしかして産んでゴックン???だとしたら咥え時間5分(爆)

そんなわけないですよね。擬似行動だと信じています。

さて、大型マウスタイプのベタはどんな産卵、咥えを見せてくれるのでしょうか。

楽しみです。
[PR]

  # by at_atch | 2005-12-23 00:17 | ワイルドベタ

アルビペアリング

Wベタのアルビですが、今回の産卵&咥えは吐出しまでいったものの、

翌日には親の食事となっておりました(泣)

一度タイミングを計ってプラケに移したのですが、吐き出してくれませんでした。

それでやむなく元に戻したのですが、タイムオーバーとなってしまったようです。

今回の失敗でまた1つ勉強になりました。

遅すぎるとほぼ確実に♂親の餌食になるということです。

稚魚が出てきてすぐに餓死して餌になるのか、親の空腹が限界を超えるのかは

分かりませんが、遅くてもダメダメでした。

早いとヨークサックぶら下げて出てくるし、産卵のタイミングをしっかり観察することと、

水温から吐き出しの予定を割り出すにはかなりの経験が必要だと痛感しました。

2週間ほど♂を休ませたので、次回の産卵を狙って♀を合わせました。

さて、どうなることやら…
[PR]

  # by at_atch | 2005-12-11 23:55 | ワイルドベタ

NA作成過程-その3

前回は盛土まででした。

だんだん更新の頻度が落ちてゆきます。

ネタが少なくなってきたので出し惜しみ(爆)

今回は水を張って、水草を植え込んだ状態です。立ち上げ直後です。

d0054290_2349296.jpg


植栽して3時間ほど経過した水景です。

今まで使っていたフィルターを2機稼動させたので、予想以上に早く水の濁りが

取れ始めました。

水を張るときのコツは、皆さんご存知だとは思いますが、まず霧吹きなどで底床の

表面を濡らしておくことです。

何もしないで水を張ると、確実に土が浮いてきて大変です。

グロッソの植え込みは肩と首が痛くなるほど根気がいります。できるだけ綺麗な葉

だけにし、1本1本丁寧に植え込んでゆきます。

はじめはこのようにまばらでも、次第に絨毯のように広がってくれます。←たぶん

立ち上げ直後からしばらくの間は3日に1度の換水が待っています。

苔ませんように…
[PR]

  # by at_atch | 2005-12-02 23:58 | 水草

NA作成過程-その2

NA作成の方法、その2です。

先回は底床のセットまででしたが、今日は石組みです。

石組みのレイアウトは、構図がすべてを決するといっても過言ではないとの

ことです。したがって、この段階が一番難しく、一番大切な作業です。

残念ながら、センスに恵まれていないので、良い構図を思いついたとは言えないの

ですが、私なりにいろいろ試しながら自分の中で一番しっくりいく構図にしました。

d0054290_19154135.jpg


60センチ規格水槽の場合、多くのカタログや作成例で示されているように

1群の石組みにすることが多いようです。理由は、2群にすると窮屈になり、

比較的小さい水槽では遠近感が出しにくく、表面的なレイアウトになるようです。

したがって、1群にして、石をひとまとまりにし、その他の空間で広がりを出す

ことが多いそうです。私の手持ちの石でそうしようと試みたのですが、

どうも上手くいかなかったので、2群にしました。

その代わり、遠近感を出すために右手前を盛土で高くし、石の向こうの空間を意識

させるようなレイアウトにしました。左側は奥を高くし、起伏をつけることで、

自然感を出すと共に流れをつけることを意図しました。フラッシュでないと

明るさが足りなかったので、反射してしまっていますがご容赦ください。

d0054290_1918970.jpg


説明している時点でアウトですね(爆)

良いレイアウトは、説明しなくても素晴らしいと思えるものだそうです。

次回は水草を植え込んだ状態を載せたいと思います。
[PR]

  # by at_atch | 2005-11-23 19:19 | 水草

SEM SKIN - DESIGN by SEM EXE